関東・東日本で起業を志す方へ向けて、ビジネスチャンスや資金調達方法を解説します。

ビジネスチャンス

皆さんは“ビジネスチャンス”という言葉を聞いて何をイメージされるでしょうか。

 

最先端の技術、流行の先読み、革新的な発見、最新の話題、起業して成功するビジョン…など、ビジネスチャンスは10人いれば10通りのイメージが存在するといってもいいでしょう。

 

「チャンスさえあれば、すぐに自分のやりたいビジネスを始められるのに…」
と燻っている方も少なくないと思います。

 

ビジネスチャンスを掴んだイメージ

 

そんな現代社会を生きる多くの人にとって夢や熱意、希望の結晶とも言えるビジネスチャンスを掴むためには一体何が必要なのでしょうか?

 

関東から甲信越エリアにフォーカスを当てた上で、企業・経営者が知っておきたいビジネスの注意点法律、チャンスを活かすための資金調達方法など幅広い視点から“ビジネスチャンス”について解説していきます。

 

 

ビジネスチャンスは誰にでもある

 

何かしらのきっかけさえあればすぐにでも起業したい、という野望を常日頃から抱えているビジネスマンは数多く存在します。

 

しかし、待てど暮らせど自らの思い描くチャンスはなかなか目の前に現れてはくれません。
そのような場合には、視点を変えてみることがヒントになる可能性があります。

 

実はビジネスチャンスというものは、私たちの生活の至る所に存在しています。
それに気づけるかどうか、チャンスと捉えられるかどうかが成功への別れ道となるのです。

 

まずはビジネスチャンスの見つけ方や考え方の具体例をいくつかご紹介しましょう。

 

流行を探る

SNSでトレンドを探る
最新の流行や動向に目を光らせておくことは、ビジネスチャンスを見つける一番の近道と言ってもいいでしょう。
ここで注意が必要なのがニュースや新聞だけを見ていてはダメということ。

 

最新のコンテンツを吸収したいのであれば、SNSやインターネットの活用は欠かせません。

TwitterやFacebook、ニュースサイト、アプリ、メールマガジンなど世の中のトレンドを探るツールは無数に存在しています。

 

これらから得られる情報を常にチェックしておき、中でもとびきり新鮮な情報からよりよいアイディアが生まれてくるはずです。
特にTwitterFacebookといったSNSは、世間のトレンドが目に見えて分かりやすいのが特徴です。

 

人々が求めている物は何なのか、何が流行っているのか、今後何が起きるのか といったことを注意深く観察してみることで、新たなビジネスチャンスを掴むきっかけとなるかもしれません。

 

流行を先読みする

 

マーケットの規模を知る

自分がやりたいこと、もしくはビジネスチャンスと感じた物を実行に移す前に必要なのが、マーケットのリサーチです。

 

例え自らが大枚をはたいて起業し経営を開始したとしても、同業者が多く価格競争が激しいジャンルであれば、何の準備もしていないとそのまま廃業ということにもなりかねません。

 

自身の提案するサービスや商品の顧客ターゲットのイメージももちろん大事ですが、それ以上に同業者やライバルの存在も加味しておくといいでしょう。

 

特に関東圏や都市部の東日本エリアは人口が多いため、ターゲットとなる顧客数も多くなりやすいのですが、それと同様に同業者やライバルの数も集中しています。
競争率が激しい傾向にあるため、業界で生き残るための工夫やアイディアを考えるのも経営者にとっては必須のスキルであると言えます。

 

ニッチな層をターゲットにする

ビジネスチャンスというのは、何も万人受けするアイディアが必要というわけではありません。

 

全体的に見れば少数派に分類される層を狙って、確実に売れる物やサービスを生み出すアイディアを思いついたのであれば、それは立派なビジネスチャンスであると言えるでしょう。

 

しかし少数派をターゲットにする以上、ある程度の顧客数を獲得するにはやはりその地域、マーケットの人口の絶対量が必要となります。
関東圏や都市部であれば全体の人口が多いため、少数派相手とは言ってもビジネスを行うには充分なマーケットになり得るのです。

 

 

他人がやっていないことを探す

他人がやっていないこと、やらなさそうなことをビジネスに繋げるのは非常に効果的なアイディアです。
しかし、人の数も企業の数も多い関東圏や都市部だと「誰もやっていないこと」を探すのは非常に難しいです。
人の数が多ければほとんどのアイディアには先駆者がいるものです。

 

そのため「誰もやっていないこと」をビジネスとして独占するのであれば比較的人口や企業数の少ない地方で立ち上げた方が難易度は低い傾向にあります。

 

関東圏や都市部で既に主流となっているサービスや店舗であっても、まだまだ地方まで普及していることは少ないのが現状です。
普段の生活で見慣れている物でもビジネスチャンスになり得る可能性がある、という典型例と言えるのではないでしょうか?

 

 

知っておきたい法律及び税金知識

経営者が知っておきたい法律の知識
では実際にビジネスチャンスを掴んだとして、そのビジネスを始めるためにはどのような知識が必要でしょうか?

 

現代の日本において、何かしらのビジネスを興そうと思えば必ず「法律」の問題が関わってきます。
関係各所にて正規の手続きをする必要がありますし、税金も支払わねばなりません。
もちろん、法を無視したビジネスをすれば取り締まられてしまうでしょう。

 

企業や経営者が、最低限知っておきたい法律や税金の知識を以下にまとめてみました。

会社法

会社を設立する際の形態取り決め資金調達などを法制化したものです。

 

最低資金制度

株式会社を設立する際、以前までは1,000万円の資本金が必要とされていました。

 

しかし現行法では1円からでも設立でき、取締役会も必須ではなくなりました。
そのため、取締役一人でも運用できるようになったということになります。

 

税法

個人事業を検討している場合には、青色申告制度を知っておく必要があります。
この制度を使うと最高で所得65万円が控除されることになります。

 

加えて、法人税についても知っておきたいところです。
法人税の特例に該当すれば、納める金額が純利益の15%で済むという制度もあります。

 

労働基準法

従業員を雇用するのであれば、必ず知っておかねばならないのが労働基準法です。

 

労働時間休日賃金の最低基準法によって定められています。
その他にも残業代有給休暇就業規則についても理解が必要です。

 

 

資金不足に陥った際の解決方法

資金調達方法の種類
ビジネスチャンスを掴み起業に成功した場合でも、順風満帆に経営できるとは限りません。

 

想定していたよりも多く予算がかかってしまったり、利益が確定するまでに時間がかかってしまったりして会社内のキャッシュフロー(資金の流れ)が滞ってしまう事も想定しておきましょう。

 

そういった資金面の問題を解決するための方法をいくつか解説します。

出資

出資によって得られた資金については返済する必要がありません。

 

そのため、経営の範囲内で自由に使うことができますが経営権は出資者が持つということになります。
自己資金による出資と他の企業や個人から受ける出資があります。

 

銀行融資

恐らく最も一般的な資金調達方法が銀行からの融資を受けることでしょう。
金利も比較的安く、返済の期間も融通が効きやすいという利点があります。

 

しかし、実際に融資を受けるまでには審査書類の準備が必要な上、時間がかかってしまうというデメリットもあります。
銀行融資を受けるのであれば、しっかりとした計画を立てる必要があります。

 

ファクタリング

銀行の審査を通る自信がない、もしくは審査を待っている時間的余裕が無い場合にオススメなのがファクタリングによる資金調達です。
自社の売掛金を業者に買い取ってもらうことで現金を調達するため、金利や返済について心配する必要がありません。

 

資金調達方法

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

現在の日本では関東・東日本・甲信越をはじめとし、全国で年間におよそ13万もの新規企業が立ち上げられています。
それだけ多くのビジネスチャンスがあると考えると自分にも可能性があるかも、と感じられるのではないでしょうか?
貴方のビジネスチャンスも、もしかしたらすぐ目の前にあるのかもしれません。

 

本サイトでは、そういったビジネスチャンスを掴む方法起業する際に必要な知識知っておきたいことを関東、東日本の経営者やビジネスマンの皆様にお届けしていきますのでお役立て頂ければ幸いです。